玉無しno-ball



ことあけ おめよろ


2007年
 ↓
http://otitenoboru.jugem.jp/
[PR]
# by ikisui0802 | 2007-01-01 23:27 | 玉無し雑記

首都脱出

0000
0900



今日の新幹線で大阪です。大阪で正月です。

でも今年の正月は忙しくなりそうな。卒論です。だめだめです。



結局四年間東京で年越すことなかったなー。

特に理由はないけど何でやろ。



あ、そういえば今年まだ焼き芋してない。

これってけっこう10年ぶりくらいのことやわ。してないの。

したいなー。

焚き火で焼く焼き芋っていうのは、やったことない人が思ってる300倍くらい美味しい。

だから最初の一口の反応を見るのもまた良い。



仮免学科見事に落ちてました。

(笑

うしかない)

われながら馬鹿としか言いようが無い。

いっぱい言い訳したいわ。

お正月は卒論の息抜きに免許の予習しまくって、その息抜きに本読みます。



でも友達にも会いたいなー。

そろそろ真剣に誰が今後一生会わなくなるか分からんくなる時期やし。

できるだけ会いたいなー。



大晦日の格闘技はホンマにいい加減にしてほしいな。

年越しの肴に他人の殴り合いを眺めて盛り上がる日本人っていうのは傍から見たらとんでもなく怖い人種やと思うよ。

サンシャインの『犬猫を放し飼いにするだけ』という商売が成立する日本人の方が平和的で良いと思うよ。



逆にNHKの行く年来る年は永久に残ってほしいな。

その内容自体は何を言ってるのか知らんけど、年越しのBGMとして。なんかあれを聞くと泣けてくる。今年も聞けそうにありませんが。



箱根駅伝は正直どっちでもいい。

やってもやらなくても良いけど、やらなくなった場合その代わりにしょうもない一芸大会みたいな番組が入るのならした方が良い。

ただし、『各校のエースが集まる花の二区』という表現はやめたほうが良い。

一区と三区の人がお出汁と残り粕みたいに見えてしまうから。

なんか平等じゃない。




来年の目標は、一つのことを頑張る です。
[PR]
# by ikisui0802 | 2006-12-28 10:27 | 玉無し雑記

年末=酒、鮭、明かり、湯気、赤、ゴールド、富士山、空、青、暖 首に巻くフワフワした毛塊

0200
0800


12月26日です。なんと今年もあと一週間をきっております。来週は来年です。今は紛うことなき年末です。

年末から連想することをいろいろ羅列していくと、どうも愛でたいことしか思い浮かびません。

それはおそらく僕が普通の家庭で生まれたからだと思います。

もしも、家、家族、友達、金あたりのどれかひとつが欠けていればなかなか楽しい正月なんて成立しないと思うからです。

というわけで昨日の夜、山手線五反田駅ですれ違った6歳くらいの少年はそんな僕にとってショッキングでした。


身につける衣服はランニングと短パンでした。

どうやら一人のようでした。

あんな時間に一人でどこに行くというのか皆目見当つきませんでした。


彼が不幸だということは、他人である自分の勝手な価値基準であってほしいと心の底から思いました。



仮免検定受けてきました。

もうなんか二週間に一回くらいしか行かないのでグダグダでした。

でもなんとかギリギリ合格です(実技は)という言葉をいただきました。

その際

踏み切りを渡る際には窓を開けましょう

とうっかりミスに対する注意を受けたときに横でゲラゲラ笑った年齢不詳のトッツァンボウヤは本当に不幸になってほしいと思いました。

なぜなら彼も僕と一緒にギリギリ合格と言われていたからです。

無性に腹が立ちましたよ。実際。



ますだおかだの増田の日記で、M-1について

本当のチャンピオンは皆がいる時(第一回大会)に勝った中川家だけ。 だから(第二回でチャンピオンになった)自分らは二位。今年のチャンピオンは六位かみたいなことを書いていた。

たしかに年々視聴後の満足感は減ってきてる気はする。 いや、間違えた。初期の2~3回までと第6回では満足感がまったく違った。その間は見てなかった。

第一回第二回あたりは決勝の一回戦(?)からすでに関西のお笑い番組とかでずっとやってて実力が文句なしについてるコンビが勢ぞろいしてる感じで滅茶苦茶面白かった記憶がある。

ふと気になったので第一回第二回出場者を見てみた。

第一回

アメリカザリガニ  おぎやはぎ ハリガネロック フットボールアワー ますだおかだ 中川家 ドンドコドン キリン キングコング チュートリアル 

第二回

アメリカザリガニ おぎやはぎ ハリガネロック フットボールアワー ますだおかだ ダイノジ テツ&トモ 笑い飯


いやこれはテンション上がる。時代に消費されたテツ&トモ以外は。


で、個人的に第三回のリアルキッズ出場に衝撃を受けて、自分の中でのM-1の価値が一気に下がった。大して気にもならんし見なくなった。


で、偶然テレビつけたらやってたのが第六回M-1。

もはや初期とは意味が変わっている感があった。素人OLが決勝に出れてしまう最高峰の漫才大会。それじゃまるでのど自慢。仮にこれが第一回ならどこにも素人が入れる隙は確実に無かった。

にも関わらずファイナルに進出したコンビすべて第一回、第二回に既に出場してて何度かファイナルに出場または優勝してるコンビ。

そもそも歴代優勝コンビも六組中四組が第一回の決勝進出コンビ。


このことから見えるもの。

結局地力のある面白いコンビは6年前から大して変わってなくて、実質その元からいる彼らの中から毎年ファイナル進出者が出るのが毎年のM-1なんじゃないかと。

だから上述増田の『チュートリアルは六位』発言は自分としては同意できる。

で、優勝して満足、または年数制限がきたりしてそういう所謂オモシログループがどんどん減っていってるから隙ができる。その隙に入り込んでくるコンビは、残念ながらあんまり・・・というの
は、今年の島田紳助の『今年はまだ会場のエネルギーが爆発してない。』とかなんとかのやや困ったような発言からも察することができる。

しかもその隙の大きさは、残念なコンビだけではなく、素人OLがお昼ご飯中の雑談みたいなネタで入り込んでくるくらい大きな隙らしい。なにやら幽幽白書の魔界の扉みたいな話みたいになってきた。

年々広がるこの隙間は、来年は素人は二組分か。再来年は三組分か。

こうなってくるとM-1の行き着く先は2つ。

笑いの金メダルか、もしくはやはりNHKのど自慢。

未だにダウンタウンとかとんねるずが君臨していて、よく分からないオリラジみたいなのがいきなり番組もったりするくらいなので、お笑いの世界はコンビに急に地力がついて面白くなったり、仮に面白くなってもそれで稼げるわけでもないようなので、どんどんM-1優勝者の扱いも小さくなっていく気がする。

なんかこのまま小さくなっていって、笑いの金メダルとかオンエアバトルみたいなものに成り下がるくらいなら、ずっと頑張ってる麒麟と笑い飯が優勝したあたりで綺麗なうちにM-1は終わった方がよいのではと思った第六回でした。
[PR]
# by ikisui0802 | 2006-12-26 16:55 | 玉無し雑記

コンビニエンスハウス

0100
0700


最近五反田に友達が引っ越してきた。

今日はバイトが終わった後にその友達の家に行った。

けっこうな人数の人がいてよく分からない、男の本能の話とかをしていたら、予想外に長居してしまい11時半くらいに家を出た。

そんで歩いて家に帰ったら11時半くらいに家に着いた。

なんか普通に歩く距離に友達の家があるということがとても新鮮で、そしてとても楽しいことだったんだということを、生まれて19年間団地に住んでいたはずの僕は今になって気づかされました。

電話とか、メールとか、チャットとか、ミクシーとか

それがどれだけ便利でどれだけ頼もしかろうが、やっぱりすぐ会える距離に知り合いがいることが一番うれしいし一番心強い。

どれだけ携帯電話で国際電話ができようが、例えばアメリカのサウスナンチャラで拳銃突きつけられてるって携帯で日本にいるときに言われても『ドンマイ』くらいしかいえない。

究極的にはご近所付き合いが最高に楽しけりゃ、その生活が最高な気がする。

そんなことを四年も同じとこに住んでいるにもかかわらずご近所付き合いゼロの自分は思う。




明日のバイトで今年は仕事納めです。

来年の仕事納めの頃の自分はどんななんやろうと

昨日、同じ学科の友人に頼んで単位の数を数えてもらった結果、大丈夫だと言ってもらえ心に余裕ができたので、そんなことを考えたりします。


ちょっと視点を変えて、老後に夢を持ってきたりしています。
[PR]
# by ikisui0802 | 2006-12-23 00:51 | 玉無し雑記

とんでもない

0200
0630


朝早起きした。

スーツ着て、電車に乗った。

東京駅までバイトに行った。

一日間違えていたらしく、何もなかった。



家に帰った。

明日する予定だった来年の家探しをしてみた。

東京は家賃が高い。

ふと大阪のなんばで同じ条件で検索してみた。

半額くらいで数倍良いのがわんさか出てきた。
[PR]
# by ikisui0802 | 2006-12-21 10:12 | 玉無し雑記

叶わない

0100
0830


今日はいろんな有名人の訃報が相次いだが、カンニング竹山の相方が亡くなったことは他人事ながら衝撃だった。

カンニング竹山の相方が白血病で入院していて、竹山はその相方の帰りを真剣に願っていたということは、彼がどれだけテレビでケツを出そうが、好感度が低いタレントになろうが、それを見るほとんどの人が知る事実だったんじゃないだろうか。

少し前に、自分は偶然テレビを見ているときに、竹山がカメラに向かって涙目になって相方に『早く帰って来い』と叫んでるのを見たことがある。


ドラマや映画なら、奇跡的に回復をしてハッピーエンドになる流れだ。


現実はそううまくはいかない。
[PR]
# by ikisui0802 | 2006-12-20 23:41 | 玉無し雑記

純夏

0100
0730


今日、大阪の友達とその友達が、仕事の休みを利用して東京に遊びにきて、その案内を仰せつかったのでお台場に行った。

したらフジテレビの前で、なんかのイベントであるヒップホップグループが歌っていた。

聞き入ってしまった。

帰りに偶然そのメンバーの一人に遭遇したので写真も撮ってもらった。


家に帰ってから、その時流れていた曲ばかり聴いている。


久々に復活したデジカメの整理も兼ねて、PC上の昔の写真とかを見ていると、BGMとして流れてくるその曲のおかげで非常に懐かしさに寂しくなってしまった。

その雰囲気にはまってしまって大学2年からデジカメでとり続けたほとんど全部の写真を見てしまった。


こうしてじっくり振り返ってみると、短い短い、内容がないないと思っていた自分の大学生活は、非常に長い長い、内容のあるある、密度も濃い濃い、歴史も深い深いものだということに改めて気づかされた。

自分の過ごした時間に否定的になることは、少しでも一緒にかかわった人に対して失礼だと反省した。


写真っていうのは、やはり良い思いでだとも思った。

2年3年経ってしまうと、頭の中の記憶よりも写真の方が強い思い出になってしまうんじゃなかろうか。記録に残っていない思いでは、忘れてしまいやすいのではなかろうか。

卒業する前に、デジカメの写真を全部整理して現像して、その時に同時にネット上にアップしようと思った。小学校の修学旅行みたいに、自分の写っている写真を見た人にひとつ思い出が増えるんじゃないかと思い。



今日のことも思い出になって、いつか写真を見て懐かしいなんて思うんだろうと思った。

どうせなら、今日歌っていた人たちにぜひビッグになってほしい。

写真に少し付加価値がつくので。



 少年のSUMMER TIME もうすこしそのままでいたい

 過ぎ去りし夏の思い出が 胸の奥で調べ奏で

 少年のSUMMER TIME もうすこしそのままでいたい

 あの日と同じ遠い夜空に この思いを重ね合わせ


 エイジアエンジニア 『純夏』



非常に清清しいです。

いま、この清清しさの中で唯一不安があるとすれば、今から父がやってくることだ。

父がやってきて、この清清しい気分をおぶち壊しになられないかということだ。

なぜなら彼も今日忘年会という一大イベントと戦っているから。
[PR]
# by ikisui0802 | 2006-12-19 21:02 | 玉無し雑記

疲弊

0100
0800


なんかしんどい。

まあ、12月も3週目に入って今年もまもなく終わるので、溜まっている一年間の疲れも出てくるのかもしれません。


今年もそろそろ一年間、振り返ろうかと思いますが、どうも思い返される物事のほとんどが、くだらないこと、くだらないこと、くだらないこと な気がしてしまうのはどうもネガティブでしょう。でもなんか気分的にそんな感じです。


年が越したところで何もリセットされるわけじゃないですね。


でもなんか大晦日の行く年来る年と鐘の音に妙に落ち着いて何かを期待してしまうのは何故でしょう。

前に、忘年会のことを少し書きましたが、忘れたくない一年にしたか、忘れたい一年にしたかということがとても大事だと思う。

誰がどっちの一年を過ごしたかというのは、けっこう他人にも分かると思う。

良い意味誇らしいし、逆にとても恥ずかしい。




今日見たDVDの



 君は良いことをしたから災いがやってきたんだ。災いは良いことをしたやつにしか降らないからな。



 強盗に入られたのは引越ししろっていう合図さ。お前はケツが重いからな




というフレーズがやけに気に入りました。
[PR]
# by ikisui0802 | 2006-12-19 00:07 | 玉無し雑記

不食

0100
0900


断食をした。

正確にはしている最中が今で。

一日する予定だ。

昨日の夜にバイト先でもらった(パクった)残った弁当を食べてから一切固形物は食べていない。

明日の朝は米を食べる。



たかが24時間だ。

しかし、そのたかが24時間何も食べないという行為がどれだけ意識が必要なことか。

乳離れをして以来『なにも食べない』ということがいかになかったかを気づかされた。

それどころか、テレビもやたらと食べることばかりを流しているのに気づかされた。どうやら無意識のうちに人間は相当程度食べることに意識がいってしまっているらしい。

胃や腸は本当に大変だったでしょうに。本当に毎日いろんな物を溶かしに溶かして、ウンコを作りに作ってお疲れ様でした。

そんなつもりではなかったけれどふと思いついた断食が、『内臓に感謝する』というグロテスクな週末に自分を誘ってくれた。

明日からは物を食べる。

明日からは内臓を意識しながら食事をするかもしれない。

でもそんなことしたらご飯がおいしくなくなるから、きっとしないと思う。

しかし内臓はそんなことを関係なく溶かしたり作ったりする。

ほんと縁の下の力持ちすぎるよお前ら。

一家に一台ほしいくらいだ。

名誉を求めず、見返りを求めず、ただひたすらに自分の仕事を完璧にこなすタイプの君たちは就活とかしたらきっと内定をいっぱいもらうと思う。人間なんて内臓に賃上げストライキとかされたらもうどうしようもない。なにがうれしゅうてそんなに働いてくれるのかが多少不思議だ。





それにしても、断食をすると鼻が良くなると聞いていたけれどそれは本当だった。

やたらと家のそこらじゅうから焼肉っぽい匂いがする。


しかし問題は、うちには焼肉どころか肉すらないということだ。

いったいこれは何の匂いなんでしょうか。

体臭?
[PR]
# by ikisui0802 | 2006-12-16 22:48 | 玉無し雑記

年忘れ

0100
0530

忘年会というものがあります。

しかし、年を忘れる会というわりには、それほど本気で忘れるわけでもありません。




おっしゃーーーーーーーーーーーーーー


忘れるぞーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




なんてことはない。

12月にする飲み会のことを日本人は忘年会というのです。

飲み会を12月にすると忘年会になるのです。

日本語を勉強するアメリカ人には非常にめんどくさい表現でしょうに。



そもそも、年を忘れるというのはなんなのか。

なんなんなのか。

その年にあった嫌なことを忘れるのか。

そうか、嫌なことを忘れるのか。


酒を飲んで一年間にあった嫌なことを忘れるのか。

そうか、一年間の記憶を酒で飛ばすのか。

なるほど、一年間の記憶が二度とよみがえらないほどの酒を飲むのか。




お前


そんなに飲んだら


今年を忘れる後の


来年が無いぞ。






でもなんか『忘年会』って言うだけで、いつもの飲み会より楽しいくなるのは確かだ。

というわけで、そろそろポポポーンと忘年会シーズンです。
[PR]
# by ikisui0802 | 2006-12-11 23:04 | 玉無し雑記


produced by ochi no-ball
以前の記事
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
カテゴリ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧